ファイナンシャル・プランナー(FP)について


FP資格保持者の概要

FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。個々人や家族のライフプラン(人生設計)に基づく将来の収支の見通しを立て、最適な資産設計・資金計画を提案、アドバイスを行い、その実行をサポートします。そのため、FPはお金の面から家計の改善を図る「家計のホームドクター®」とも呼ばれています。

FPは職業の名称で誰でも名乗ることができます。ただし、「くらしとお金」に関するアドバイスは多岐にわたるため、FPには年金や保険

、資産運用、税制、住宅ローン、相続など、幅広い専門知識が求められます。そこで、「くらしとお金」に関する様々な専門知識を有していることを証明するのがFP資格です。

※日本FP協会より


コンサルティングできる内容

  • ライフプランニング表を作成でき、より豊かな人生になるようアドバイスができる
  • 保険の相談・提案・商品説明、契約の内容について伝えることができる。
  • 景気・企業の業績の予想、過去の株価の推移など、一般的な話題を話すことができる。
  • 一般的な税務の解説ができ、仮定の事例について税額計算ができる。
  • 不動産を活用した資産運用方法をアドバイスすることができる
  • 相続について、基本を理解し、一般的なアドバイスをすることができる
  • 公的年金制度の一般的な説明、計算ができる。